プレス金型と加工の種類

プレス金型や加工の種類を紹介

プレス加工・絞り加工を金型設計から試作・量産まで一貫対応で承る「高橋製作所」がプレス金型と、プレス加工に関する基礎情報をお伝えします。金型と加工法にはそれぞれ種類があり、作りたい製品に合わせて選択することが大切です。弊社にご相談いただければ、お客様のご要望に最適なプレス金型や加工方法のご提案を差し上げます。ぜひ一度、お気軽にお問い合わせください。

「プレス金型」と「プレス加工」

プレス金型 プレス加工方法

プレス金型

被加工材に対し、上方向から圧力をかけて切る、曲げる、伸ばすといった加工を行い、
寸法通りに素材を変形させる工具。金属のさまざまな素材を成形できます。なお、成形のための荷重を加える機械を「プレス機」と呼び、これにセットする金型のことを「プレス金型」と言います。

プレス金型の分類について

プレス加工方法

プレス機にセットしたプレス金型によって材料へ成形荷重を加え、製品を寸法に合わせて変形させる加工技術を「プレス加工」と言います。すべての製品を同じ性質に仕上げつつ、大量かつ安価、さらに短時間で量産ができるというメリットがあります。

プレス加工方法について

プレス金型の分類

単発型

人の手によって被加工品がプレス機から出し入れされる「単発プレス」で用いられる、もっともシンプルな金型です。

単発プレス

順送型

複数の行程を一度に行う「順送プレス」で用いられる金型で、連続で各工程の加工を行えるように設計されています。

順送プレス

トランスファー型

単発型を工程順に並べ、専用のフィンガーで後工程に送り連続加工を行う「トランスファープレス」で用いる金型です。

トランスファープレス

Pickup! 金型を選ぶ基準について

金型を選択する場合は、トータルの生産量を考慮し、コストを比較することが大切です。さらに、部品や製品の形状に金型が適用できるか?さらに、要求される精度を満たせるかどうかなどについても確認しなくてはなりません。以下は、一般的な単発・順送・ロボット・トランスファーの比較です。金型選びの参考にしてください。

  単発 順送 トランスファー
金型コスト
製品コスト
生産性
加工前の段取り性
仕様する材料形態 切板・定尺板・コイル材 コイル材 コイル材

プレス加工方法について

せん断加工

せん断加工

被加工材に外力でプレスし、板から完全に切断・分離する加工法です。単に切るだけでなく、切り抜いたり、外形を抜いたり、穴をあけたりといったことができます。

曲げ加工

曲げ加工

被加工材をプレスすることで生まれる引張り力と圧縮力を利用して、材料を曲げる加工法です。V曲げ、L曲げ、U曲げ、カール曲げ、ヘミング(アザ折り)曲げといった種類があります。

絞り加工

絞り加工

被加工材に引張り力を加え、「パンチ(雄型)」「ダイ(雌型)」に沿った形状にする加工法です。多くの場合、底付きの容器状に形成されます。

絞り加工

その他の加工一例
  • ハーフピアス
  • プロジェクション
  • バーリング
  • 切り曲げ
  • つぶし
  • 刻印
  • シェービング
  • ファインブランキング
  • 圧縮加工 etc
プレス加工のお悩み解決します!