順送プレス

順送プレスの概要と特長

生産性と加工精度の高さが魅力の「順送プレス」は、特に大量生産向けの現場で活用されるプレス加工技術です。こちらのページでは、プレス加工・絞り加工を金型設計から試作・量産まで一貫対応で承る「高橋製作所」が順送プレスの概要や特長、その他製品事例などをあわせてご紹介します。

順送プレスとは?

順送プレスとは?

順送り金型と呼ばれる専用の型を使い行うプレス加工の方法。順送プレス以外にも、プログレやPRGという名称もあります。複数のプレス加工における工程の凹凸がひとつの金型の中に作られており、ロール状の長いコイル材をプレス機にセットしてゆっくりと順送りすることで加工を行います。

順送プレスの特長

内部に材料が送られると、複数の工程が順に進行します。そのため、1回のプレスで複雑な形状の部品を作ることができ、高い効率とスピーディーな加工が実現。さらに、被加工素材を移動させるためのトランスファー機構が不要になるというメリットも併せ持ちます。大量生産を行う場合は、もっとも優れた方法と言えるでしょう。なお、加工工程はセンサーによって管理されるため、人の手に比べて品質が安定するのも特長です。また、加工の途中で速度をコントロールしたり、一次停止したりもできるので、精度が必要なプレス製品には最適です。

ただし、金型の設計と加工が複雑になるため、金型製作のコストが高額となります。また、大型の加工品には適用が難しいのもデメリットです。

加工事例 打抜、穴抜、曲げ、バーリング、ツブシ、絞りなど
使用用途 弱電、自動車・オートバイ、映像機器、医療器具、設備機器、建築・建設関係など
材料 鉄、アルミニウム、真鍮、ステンレス、銅、リン青銅、メッキ鋼板など
表面処理 メッキ、アルマイト、焼鈍(焼入れ)、バフ研磨など

順送プレス製品・加工事例

  • 順送プレス製品・加工事例
  • 順送プレス製品・加工事例
  • 順送プレス製品・加工事例

実績多数!高橋製作所の製品・加工事例はこちら

あらゆる技術で要望にお応えします!
  • 単発プレス
  • 順送プレス
  • トランスファープレス
  • 絞り加工
  • その他の技術(金型製作・スポット溶接)