単発プレス

単発プレスの概要と特長

少量生産・大型の加工品を得意とする「単発プレス」は、もっとも単純かつオーソドックスなプレス加工技術です。こちらのページでは、プレス加工・絞り加工を金型設計から試作・量産まで一貫対応で承る「高橋製作所」が、単発プレスの概要や特長、その他製品や加工物などの事例をご紹介します。

単発プレスとは?

単発プレスとは?

工程ごとに、単発でプレス加工を行う方法。もっともシンプルな加工法として知られており、人の手によって作業が行われるのが前提です。1種類の加工に対応する堪能型と、複数の下降に対応する複合型があります。昨今では、単工程加工を複数並べ、自動搬送装置を取り付ける「タンデム加工」と呼ばれるものもあります。

単発プレスの特長

単発プレスの特長

型をセットした後にプレス加工を1度で行うため、基本的には1工程動作となります。そのため、連続加工や自動加工を行うことはできません。従って、順送プレスやトランスファープレスと比較した時に生産性が低くはなりますが、少量生産や大型の加工品などの単工程には有利になります。なお、プレス機の中では価格がもっとも安く、型費にかかるコストも安く抑えられるというメリットがあります。

加工事例 打抜、穴抜、曲げ、バーリング、ツブシ、絞りなど
使用用途 弱電、自動車・オートバイ、映像機器、医療器具、設備機器、建築・建設関係など
材料 鉄、アルミニウム、真鍮、ステンレス、銅、リン青銅、メッキ鋼板など
表面処理 メッキ、アルマイト、焼鈍(焼入れ)、バフ研磨など

単発プレス製品・加工事例

  • 単発プレス製品・加工事例
  • 単発プレス製品・加工事例
  • 単発プレス製品・加工事例

実績多数!高橋製作所の製品・加工事例はこちら

あらゆる技術で要望にお応えします!
  • 単発プレス
  • 順送プレス
  • トランスファープレス
  • 絞り加工
  • その他の技術(金型製作・スポット溶接)