あらゆるニーズに応える技術紹介

高橋製作所の持つ技術の紹介

プレス加工・絞り加工を金型設計から試作・量産まで一貫対応で承る「高橋製作所」では、プレス加工に関わるさまざま手法をご用意し、お客様のご要望にお応えします。単発プレスや順送プレス、トランスファープレスにはそれぞれにメリット・デメリットあり、加工する物によって使い分けするのが肝心です。

また、弊社では難易度が非常に高いとされる絞り加工を特に力を入れて対応しています。熟練のスタッフが在籍しており、品質には絶対の自信を持っていますので、ぜひご相談ください。そして、部品の完成度に直結する金型製作にも高いこだわりを持って対応しています。弊社では独自のノウハウをもとに、お客様の“ものづくり”を全面的にサポートいたします。

プレス加工技術

単発プレス
順送プレス
トランスファープレス

人の手によるもっともシンプルなプレス加工技術です。少量生産や大型の加工品の生産に優れ、コストも抑えられます。

単発プレス

一度に複数の工程を行えるプレス加工技術です。大量生産に向いており、精度の高さもメリットのひとつです。

順送プレス

複数の単工程を並べることで、一度で生産を完了させるプレス加工技術です。順送プレスに比べ歩留まりが良く、大型の加工品にも適用できます。

トランスファープレス

絞り加工

一枚の金属板に圧力をかけ、つなぎ目のない容器状の製品を作るプレス加工技術です。伝統工芸などでも用いられている古くからの手法であり、人の手による絞り加工は非常に多くの手間がかかります。たとえばお椀程度のものであっても数千打という工数を要する非常に難易度が高い技術です。弊社では、機械で絞り加工を実現する「プレス絞り加工」にも対応しています。

絞り加工

金型製作

プレス加工にとって重要な金型製作も承っております。高い知識と熟練の技術を持ったスタッフが、「パンチ(雄型)」「ダイ(雌型)」のバランスなど、細部に至るノウハウを提供し協力会社とともに製作を実施。また、金型の調整や組み込みなどのメンテナンスは自社で対応しております。

金型制作