トランスファープレス

トランスファープレスの概要と特長

トランスファープレスは、順送プレス同様に大量生産を行うのに向いたプレス加工技術。順送プレスに比べると、歩留まりが良く、大型の加工品にも適用できるのが特長です。プレス加工・絞り加工を金型設計から試作・量産まで一貫対応で承る「高橋製作所」では、トランスファープレスを3台所有することで、安定した量産体制を実現しております。以下では、トランスファープレスの概要や特長をご紹介します。

トランスファープレスとは?

トランスファープレスとは?

トランスファープレスは、単工程型が順番に並び、そこを被加工品が通ることで複数の工程を自動で行える加工法です。プレスの1サイクルが終わると、加工品はフィンガーでグリップされ、次の工程へ進みます。このために搬送機構が備わっています。なお、TRFやトランスファーと略されることもあります。

トランスファープレスの特長

トランスファープレスの特長

トランスファープレスは、順送プレスに比べると生産性には劣りますが、同じく大量生産に向いた加工方法です。大きなポイントとして、材料に通常のプレス加工と同様のブランク材を用いています。そのため、加工品移動のための搬送機構が必要となり、型の製作や設計に費用がかかるというデメリットがあります。しかし、材料と搬送機構があることは順送プレスに比べて歩留まりが良い、というメリットも。さらに、単工程加工が集まって出来ていますから、比較的大きな加工品に適用できるのも強みと言えます。

加工事例 打抜、穴抜、曲げ、バーリング、ツブシ、絞りなど
使用用途 弱電、自動車・オートバイ、映像機器、医療器具、設備機器、建築・建設関係など
材料 鉄、アルミニウム、真鍮、ステンレス、銅、リン青銅、メッキ鋼板など
表面処理 メッキ、アルマイト、焼鈍(焼入れ)、バフ研磨など

トランスファープレス製品・加工事例

  • トランスファープレス製品・加工事例
  • トランスファープレス製品・加工事例

実績多数!高橋製作所の製品・加工事例はこちら

あらゆる技術で要望にお応えします!
  • 単発プレス
  • 順送プレス
  • トランスファープレス
  • 絞り加工
  • その他の技術(金型製作・スポット溶接)